産後に母乳が増えてバストアップにも!フェヌグリークの効果や副作用は? | スパイスの魅力!どんな種類があるの?使い方はどうする?

産後に母乳が増えてバストアップにも!フェヌグリークの効果や副作用は?

      2018/08/07

 

こんにちは、ミーニャです。

産後に母乳を増やしたいあなたに

今回は?

 

母乳が増えて バストアップ にもなる、フェヌグリーク

女性ホルモンを高めるスパイス、その効果やいかに…

 

海外セレブや、美意識の高い女性達に、密かに人気のスパイス。

気になる副作用に付いてもご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

フェヌグリークが母乳に良い理由は?

 

 

フェヌグリークは、カレーの香り出しスパイスとして…

インドのお惣菜(ザブジ)のスパイスや、欧米ではピクルスのスパイスとして使われます。

特にヨーロッパでは?

女性ホルモンを活性化させるスパイスとして、古代ローマ時代から使われてきました。

 

所変わって、日本では?

胡廬巴(ころは)と呼ばれ、生薬として使われています。

マメ目 > マメ科 > マメ亜科 > フェヌグリーク属 > コロハ

 

甘い香りと、ほろ苦さが特徴のマメ科の植物の種子で、炒めるとカラメルのような香りが出ます。

マメ科の植物の種子と言う事は、豆です^^

 

我が家で発芽させてみましたが、こんな感じです。

だいたい、3~4日で芽が出て水分を与え続けると…

にょきにょき伸びて行きます。

インドなどでは、このスプラウトをモヤシのように料理に使います。

勿論、土に植えれば植物として育っていきますよ^^

 

そして…

フェヌグリークの効能効果は?

  • 健胃効果
  • 腎臓に良い効果
  • 脂肪を抑制
  • 血糖値抑制
  • 抗炎症効果
  • コレステロールを低下させる
  • 便秘解消
  • 肥満防止
  • 更年期症状の軽減
  • 血行促進
  • 美肌効果
  • 女性ホルモン活性化

と、言われています。

かなり盛り沢山な効果ですね ♪

 

 

フェヌグリークの成分で

ステロイドサボニン

この成分は女性ホルモンの分泌を促すとされています。

 

そして、もう一つ

ジオスゲニン(植物性エストロゲン)

この成分には…

  • 女性の乳腺を発達させる
  • 女性ホルモンのバランスを整える

 

 

これらの効果で少しづつ、バストに張りが出る。

そして出産後には母乳が出やすくなるのです!

 

 

母乳を出やすくするには、摂取量はどのくらい?

 

スポンサーリンク

 

授乳期以外でのバストアップには?

一日3g程度と言われていますが、妊婦の方や授乳中の方にはお勧めできません。

母乳を出やすくする量は、一回 0.5g 程度を 一日3回 と言われています。

過剰摂取は禁物、少しづつ万遍なくですね ^^

スパイスそのものをポリポリ食べるのではなく、ハーブティーや料理で自然に取り入れましょう。

 

 

母乳に良いフェヌグリークは、バストアップにもなるの?

 

フェヌグリークに含まれるジオスゲニンは、女性ホルモンを作るプロゲステロンの素となります。

女性ホルモンが活性化され、バストに張りが出て乳腺を発達させます。

 

授乳期の後の、バストアップに期待できますね!

 

ちなみに、バストアップに効果的な量は3g/一日と言われています。

ですが…

この量は授乳期には、多すぎますので ご注意くださいね ♪

 

 

フェヌグリークに副作用は有る?

 

 

フェヌグリークは妊娠初期~中期にはオススメできません。

なぜなら?

 

子宮収縮作用が有り、早産の危険性が伴うと言われています。

それと…

 

授乳中の過度な摂取は、乳児に影響が出る可能性が有ります。

ですので、これもオススメできません。

 

詳しくはこちらを読んでみて下さい

妊婦におすすめのスパイス!赤ちゃんへの影響は?食べてはいけないのは何?

産後に母乳を増やすスパイス・ハーブ!乳児には影響する?注意する事は?

 

また、フェヌグリークはマメ科の植物の種子です。

小さいけれど、「豆」です。

マメ科アレルギーのある方は摂取しないようにして下さい。

  • 大豆アレルギー
  • ナッツ類アレルギー
  • グリンピースアレルギー

 

それともう一つ

豆はお腹にガスがたまりやすくなります。

ガス抜きできない方には、オススメできません…orz

 

 

まとめ

 

 

関連記事

妊婦におすすめのスパイス!赤ちゃんへの影響は?食べてはいけないのは何?

母乳が増える!フェンネルの効果や副作用は?おすすめのハーブティーや料理は?

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

妊娠・授乳中にはスパイスは禁忌と言われます。

ですが、適量を守れば基本的には安全な食材です。

 

スパイスは漢方としても使われますが…

どちらかと言えば、料理に辛味や風味、香りを出すものです。

「適量を万遍なく使う」

結果、「体にも少しの効果が出る」と、言う程度のものです。

 

フェヌグリークも同様で、それ単体を沢山摂取しても良い事は有りません。

母乳に良いハーブティーでも、体や乳児に負担の無い量を数種類ブレンドしています。

詳しくはこちらをご覧ください

産後に母乳を増やすスパイス・ハーブ!乳児には影響する?注意する事は?

 

上手く使って、良い効果を体感して下さいね!

 

 

ミーニャ
最後まで読んで頂きまして、
有難う御座いました。

 

スポンサーリンク

 

 - 妊婦・子供

産後に母乳が増えてバストアップにも!フェヌグリークの効果や副作用は?

2017年 ザ・エンターテイメント・スパイス-アドバイザーのミルが送る、世界中で使われている魅力的なスパイスの種類や使い方を、 様々な料理や情報なども交えて皆さんにお伝えしていきます。

Copyright© スパイスの魅力!どんな種類があるの?使い方はどうする? , 2018 All Rights Reserved.