ニンニク効果で元気100倍!なのに和食で葫を使わないのは何故なの? | スパイスの魅力!どんな種類があるの?使い方はどうする?

ニンニク効果で元気100倍!なのに和食で葫を使わないのは何故なの?

      2017/07/07

スポンサーリンク

今回の記事では「にんにく」をご紹介します。

にんにくって面色いんですよ!

いろんな当て字が有るんです。

葫、蒜、大蒜、忍辱と全部ニンニクです。

この当て字も記事の中でご紹介しますね^^

 

和食とにんにくの意外な関係とは?

和食編の1回目をまだ読んで頂いていない方は、この記事が終わってから是非お読みください^^
わさびに関するの記事を読む

生姜に関する記事はこちらからどうぞ

 

で、そんなニンニクなのですが、実は「和食」で使うことは殆どありません!

ミーニャ
ええっ!

これほど日本の食卓に浸透しているスパイスなのにもかかわらずです。

それって、不思議だと思いませんか?

臭いのきついにんにくは、素材本来の味を楽しむ繊細な和食とは合わないんです。

ですので、九州や四国や沖縄などの一部の料理を除いては、

にんにくが和食の薬味やスパイスとして使われる事は残念ながらありません。

 

ミル
和食編では自己紹介形式でスパイス達が語ります。思わぬ本音が聞けるかも知れませんね。

 

にんにく / 葫、大蒜、忍辱、蒜

スポンサーリンク

ニンニクくん
青森県出身、おなじみのニンニクです。
自己紹介します!
産地は中央アジア、日本では青森県と香川県が有名です。
我の強い「わさび」よりは、どちらかと言うとワールドワイドな「生姜」と気が合います。
ちなみに僕はは鱗茎と呼ばれる球根(根っこ)の部分です。
葉や茎も料理にして食べられる「クサイ」くらいに「ニクイ」やつです^^ 

 

産地

 

日本国内のニンニクはその大半を中国からの輸入に頼っている。
国内生産量としては、その約8割を占める「青森県の十和田市」が有名です。
また、同じ「青森県の田子町」ではブランドニンニクが生産されている。
次いで、香川県の生産量が多い。

 

分類

キジカクシ目>ヒガンバナ科>ネギ亜種>ネギ属>ニンニクです。
かつてはユリ科所属でした。
参考までに・・・
よくスーパーなどで見かける無臭ニンニクやジャンボニンニク、プチニンニクは自分とは別種で、リーキと言うポロネギ科の属性です。
ちなみに見出しの当て字ですが・・・
葫→古くは蒜を葫と表した。
蒜→にんにくやノビル(野蒜)など鱗茎を食用とするネギ属の植物の総称、古名。
大蒜→生薬名だがにんにくとノビルを区別する際に付けた
忍辱→仏教用語(にんにくの語源)

ニンニクくん
自分が分からなくなりそうなので、「にんにく」と呼んでください^^ 

 

 

効果・属性

薬理作用が有り、栄養ドリンクや健康食品でも活躍します。
滋養・強壮作用が期待できます。
癌予防でリスク低下の効果が期待されています。

 

デメリット

口臭、体臭の原因になる事が有る。
まれに、体内の赤血球を破壊し血尿、血便、急性貧血を起こす事が有る。
過剰摂取は胃腸を痛める事が有る。
人により、にんにくアレルギーが起こる事が有る。

ミル
食べすぎには注意しましょう!

 

使い方

炒める、揚げる、焼く、煮る、乾燥させてパウダーにする、摩り下ろして生で使う万能スパイス!
茎、葉も食べられる。
世界中で使われていますが、今回のテーマは和食から見たスパイスです。
和食での代表的な使い方は「カツオのたたきや刺身」の薬味が代表的ですが、和食に「にんにく」が使われることは殆どありません。
一般家庭では肉の下ごしらえに使う、餃子の具に混ぜ入れる、ラーメンのスープの出汁に使われたり摩り下ろしてトッピングしたりする。
皮付きのまま焼いて食べると絶品だったりします。

ミル
ラーメンと餃子は和食ではなくソウルフードですね。

 

まとめ

 

 

如何でしたでしょうか?
わさび、しょうが、にんにくと和食のスパイスTOP3的な感じで進めてまいりました。
一つ一つに個性が有りますが、3つ同時に並ぶのは上の写真の「馬刺し」位でしょうかね^^
次回は今回ご紹介していない和食のスパイスを取り上げてみたいと思います。

「山椒は小粒でピリリと辛い」の英語を知りたい方はこちらから。

和食とスパイスの関係性が知りたい方はこちら。

香辛料、スパイス、ハーブの違いが知りたい方はこちら。

スポンサーリンク


 - spice ( ft.世界の料理から ), 日本

ニンニク効果で元気100倍!なのに和食で葫を使わないのは何故なの?

2017年 ザ・エンターテイメント・スパイス-アドバイザーのミルが送る、世界中で使われている魅力的なスパイスの種類や使い方を、 様々な料理や情報なども交えて皆さんにお伝えしていきます。

Copyright© スパイスの魅力!どんな種類があるの?使い方はどうする? , 2017 All Rights Reserved.