ナツメグとメースの違いは?効能や副作用、お勧めレシピを紹介! | スパイスの魅力!どんな種類があるの?使い方はどうする?

ナツメグとメースの違いは?効能や副作用、お勧めレシピを紹介!

   

スポンサーリンク

こんにちは、ミルです。

今回は独特の甘い香りと仄かな苦みを持つスパイス、

ナツメグメースにスポットを当ててみようと思います。

 

ナツメグは良く聞くけど、メースって何?どう違うの?

効能はどうなの?副作用は無いの?

・使いきれないんだけど、何か良いレシピないかしら?

こんな疑問に付いて、ご紹介して行こうと思います。

 

アメリカやカナダなど北米ではクリスマスシーズンに飲まれる、
牛乳ベースの甘いドリンクの「エッグノック」に使われるが有名です。

ナツメグはシナモンと相性が良いので、
一緒に使われる事が多いですね。

 

関連記事

シナモンパウダーのダイエットは効果有るの?使い方や副作用は?

ホームパーティーでお洒落な料理!簡単ピクリングスパイスって何?

 

心温まる冬の飲み物「エッグノック」

これからの季節は心も体も温まるものが欲しくなります。

そんな時には洋風玉子酒^^b

エッグノックをお試しください。

子供達にはアルコールを入れずに、ホイップクリームを浮かべてあげて下さい。

材料(2~3杯)

・卵黄:2個

・砂糖:大さじ2~3(甘さを控えたい方は大さじ1位)

・シナモン(パウダー):適量(小さじ1/3~半分くらい)

・ナツメグ(パウダー):適量(小さじ1/3~半分くらい)

・牛乳500㏄(ダイエット中の方は低脂肪乳や豆乳でもOK)

・生クリーム(無くてもOK)

 

作り方
  1. 生クリームをホイップしておきます。
    この時の生クリームには砂糖はお好みで入れて下さい。
    個人的には入れなくていいと思います。
  2. 卵を溶いてスパイスを入れ、牛乳を足して材料を全て混ぜ合わせる。
    ミキサーかクリーマーなどで混ぜると簡単です。
  3. 鍋に移して火にかけます。
  4. 中火弱位で沸騰しない様に混ぜていきます。
  5. 少しとろみが付いたら出来上がりです。

 

♡まずは子供たちに。

ホイップクリームを浮かべてあげて下さい^^

♠次は大人たち。

お酒が好きな方は適量入れて下さい。
大さじ2杯くらいがオススメです。

*スパイスはお好みで調節して下さい。
*アルコールを入れる場合は、ラム酒やブランデー、ウイスキーなどが合います。

ミル
スパイスは…
ナツメグとシナモンの両方を入れるんですね!
是非お試しくださいね~ 

 

ナツメグってどういうスパイス?

スポンサーリンク

ナツメグやメースは一般的に、肉や魚料理の下ごしらえで臭み消しに使われます。

それ以外にもクッキー・ケーキ・プリン等、スイーツ系のレシピに良く使われます。

そんな人気のスパイスですが、使い方を間違えると思わぬ副作用も出てしまいます。

 

ナツメグは何から獲れるの?

ナツメグは英語での呼び名で、(nutmeg)と表記されます。

モクレン目>ニクズク科>ニクズク属>ニクズク(英名:Myristica fragrans)

ニクズクの果実の中に有る種子(仁)から作られる香辛料がナツメグと呼ばれ、和名・生薬名はニクズク(肉荳蔲)と呼ばれます。

 

特徴は?

スパイスとしてのナツメグはニクズクの黒い種子を割った中の部分がそれに当たります。

ニュアンスは、冒頭文でも書いたように甘い芳香と仄かな苦みが特徴です。

ヨーロッパでは古くから(6世紀頃)胡椒・シナモン・クローブと共に、世界4大スパイスとして重宝されてきました。

 

効果や効能は?

ナツメグは代謝作用(冷え症の改善)、消化器官の改善整腸作用腸内ガスの抑制等に良いとされています。
他に下痢止め消臭効果止血・鎮痛作用などに良いと言われています。

反対に摂取しすぎると副作用が出ます。

 

食品(スパイス)なのに副作用が有るの?

ナツメグは漢方薬として使われるくらいに効果や効能が有るスパイスです。

摂り過ぎれば逆効果なのは当然です。

生のナツメグを1回に10g以上摂取すると中毒症状を示す。
生のナツメグにはモノアミン酸化酵素阻害薬および精神活性物質であるミリスチシンが含まれているためである。

 

例えばハンバーグを作るのにひき肉500gで5人分作るとします。

この時使うナツメグの量は小さじ1/2~1/3程度ですので、

普通に食事用のスパイスとして使う分には全く問題ありません。

 

副作用は一度に大量に摂取した時に起こるようです。

 

副作用の症状は?

一度に多量摂取した場合には、以下のような症状が確認されています。

幻覚症状・めまい・痙攣・嘔吐・肝機能障害などの中毒症状が出る事が有ります。

その昔ナツメグは、堕胎薬として使われていた過去も有ります。

特に妊娠中や乳幼児には、使用量を控える・使わないなど、

 

個別の注意は必須です。

 

ミーニャ
次はメースに付いて書いていきます。

 

メースってどういうスパイス?

メースはニクズク(Myristica fragrans)の種子のまわりを覆っている網目状の赤い皮(仮種皮)を言います。

ナツメグとメースはよく似た香味ですが、メースの方が穏やかで上品な風味がします。

 

メースに副作用は無いの?

 

メースにもナツメグ同様の副作用が有ります。

同じ実の中に有る種の外側と内側ですから同じ成分が含まれています。

 

使用する量はナツメグ同様に、注意しましょう。

 

ナツメグやメースにはダイエット効果は無いの?

ナツメグは代謝をアップさせると言われています。

ですので、脂肪燃焼する可能性が有り健康上も良しなのですが、

ナツメグそのものに、ダイエット効果などは謳われていません。

ですので。

一度に沢山摂取したとしても、残念ながら何のメリットも有りません。

 

まとめ

関連記事

クミンパウダーのダイエット効果は?妊婦さんも使える?副作用は?

低カロリーな豚肉料理のアイスバイン!仕込みに使う香辛料とは?

 

ナツメグは日本でも非常にポピュラーなスパイスです。

何でもそうですが、いくら体に良くても使いすぎれば逆効果。

良く有る話です^^

程々に使って楽しいスパイスライフを送りましょう!

ミル
最後まで読んで頂きまして、
有難うございました。
スポンサーリンク

 - spice ( ft.世界の料理から ), カナダ

ナツメグとメースの違いは?効能や副作用、お勧めレシピを紹介!

2017年 ザ・エンターテイメント・スパイス-アドバイザーのミルが送る、世界中で使われている魅力的なスパイスの種類や使い方を、 様々な料理や情報なども交えて皆さんにお伝えしていきます。

Copyright© スパイスの魅力!どんな種類があるの?使い方はどうする? , 2017 All Rights Reserved.